PC ガジェット

ロジクール M720 トライアスロン マルチデバイスマウス が想像以上に良かった……けど

ロジクールM720 商品アイキャッチ

マウスにどこまで拘るんですかい?

PCユーザーにとってマウスは重要である。
と、言われるんですが、ライトゲーマーかつ昔みたいに色々な編集作業をしなくなった僕。
約10年ほどマウスに無頓着な時期が続いていました。

最後に買って、しかも現役で使い続けていたマウスがコチラ。

2010年にタイムセールで買ったロジクールのセット物。
お値段なんと1,710円。

重いし、滑りは悪いし、クリック音もまぁウルサイ。
その代わり爆安で、この値段でキーボード付きだというので文句は言えませんね。

キーボードは2年ほどで壊れてしまったのですが、マウスだけはずっと現役でした。

しかし、先日とうとうマウスホイールが陥没してしまいお陀仏。

いよいよ買い換える日が来てしまったというわけです。

そしていつもの如くメルカリで物色していたところ、キーボードとセットで激安品が出ていたので思わず購入。

セットで4,000円弱(新品実売が合わせて9,000円位)で購入できましたので、今回はその紹介です。

ロジクール M720 トライアスロン マルチデバイスマウス

ロジクール M720 トライアスロン マルチデバイスマウス

どうやら今は「M720r」という新モデルが出ているらしいので、型落ち品になるようですが、これがすこぶる良い感じです。

  • ボタンいっぱい付いてる
  • 重心が良い感じ
  • マルチデバイス機能で3台まで登録してボタン一発切り替えで使える
  • クリック音が小気味いい感じ
  • カーソル追従精度も良好
  • LOGICOOL FLOWが便利そう(まだ使ってない)

今までがまるで「THE SIMPLEシリーズ」みたいなマウスだっただけに、感動を覚えました。

実売6,000円ちょいかつ、ワイヤレス、マルチデバイス機能搭載ということで、使用感にはそこまでコストを掛けられていない気はしますが、それでも雲泥の差です。

買った理由

マウスがぶっ壊れた。メルカリで安かった。という理由が一番にあがるんですが、実はそれ以外にもありまして、PCの台数が増えてきたのでキーボード・マウスを一本化したいということ。

僕の場合はプログラマーでもエンジニアーでもなんでもないんですが、ちょっとしたサーバーだったり、簡単な自動実行プログラムを走らせていたりします。

基本的にはPCとキーボード・マウスって一対一なので、すげぇめんどくさい上に邪魔な状態になってたんですよね……。

作業スペースも昔と違って広くないので、省スペース化するためにも、どうせ買い替えするなら全部1個のキーボード・マウスでできないかなぁというのがありまして。

マルチデバイス:実際はそんなに良くない

といいつつ、買ったこいつですが、マルチデバイス機能に関してはそんなに良くないですねw

  • ボタン配置の関係で、どうしても押し間違いが発生する
  • 結局ボタンを何回か押すという動作が入る(1→2→3→1……というループ型)
  • カチカチしているうちにマウスカーソルが行方不明になる

という3つの理由で微妙です。

デバイス切り替えボタンが独立しているか、2デバイスまでであれば、もうちょっと良かったんですけどねぇ。

スクロールがバグってる

これは製品の良し悪しには関係ないんですが、使って数分でなぜこんなに安くで出品されていたのかがわかりました。

このマウスにはホイールの下部にボタンがあって、いわゆる慣性スクロールを活かすためのフリースピンのオンオフが切り替えできるんですね。

僕が買った個体はフリースピンモードで使うと、どれだけゆっくりスクロールさせても勝手にちょっとだけ動きますw

オフにすると大丈夫ですし、元々スムーズすぎる慣性スクロールって気持ち悪くなるので、全然良いんですが、ちょっとだけ残念な気持ちになりました。

まとめ

モノとしてはそこそこ良いので安く買えるならオススメですが、実売価格で買おうとは思えない。

これを買うくらいなら最上位モデルの一つであるMX MASTER 3」を新品で買うのが良さそうですね。

ボタンもいっぱいあるし、とりあえず実働に問題はないので、こだわりのない僕はぶっ壊れるまで使うかと思います。

ロジクールのマウスは1年以内にぶっ壊れるか、よっぽどのことがない限りずっと使えるかどっちか極端だと思うので、今回は前者のケースでまだマシな症状だったのかなぁと。

仮にこのマウスを買う人がいたとしても、期待はそこまで高く持たないほうが良いですね。あと予算が許すなら最上位買ったほうが絶対幸せになれる気がしますよ。

-PC, ガジェット

© 2020 フジタノ