PC ガジェット

【レビュー】世界最小最軽量の急速充電器 RAVPOWER「RP-PC112」を購入! 持ち運び用として最強におすすめ

RAVPOWER RP-PC112のイメージ

先日安くなっているのを見かけて思わずポチってしまった充電器。
RAVPOWER「RP-PC112」のご紹介です。

いやー、世界最小の60W対応急速充電器として、ネット上ではこすれるくらいに紹介されている製品ですが、ずっと欲しかったんですよね。

今までは、USB-PD対応のノートPCなどを持っていなかったため、我慢していました。
しかし、必要に迫られてノートPCを買い替えたことで、「必要性」が出てきたため買わざる負えなくなったのです。

そう、必要だったから買ったのです!(迫真)

 

「RP-PC112」は最新のGaN(窒化ガリウム)テクノロジーを採用したUSB充電器です。
その優れた耐圧性と電力効率という特性を利用し、61Wという高出力を誇りながら従来の同出力クラスの充電器に比べ1/2ほどのサイズ感と大幅な軽量化を実現。
高出力と小型化を両立させた、まさに次世代のUSB充電器です。

その実力・性能が高く評価され、新世代のUSB急速充電器として、日本最大級のオーディオビジュアルアワード「VGP 2020」において金賞と企画賞の2つの賞を受賞いたしました。

出典:RAVPOWER 公式サイトより

 

窒化ガリウムってなんぞ?

最近販売されている急速充電器には窒化ガリウムという素材が使われています。
結局、窒化ガリウムってなんですか? って話になるかと思うのですが、要は「今まで使われていたものより熱に強い素材」です。

熱に強いということは、より強力な負荷に耐えられるということですね。
今まで使われていた素材では、出力を上げるために本体を大型化する、あるいは出力を抑えるの二択しかなかった。
出力を上げると、比例して発熱がえげつないことになるからです。

それをクリアするためには、より熱に強く変換効率の高い素材に置き換える。
その素材こそが窒化ガリウムです。

 

小さくて軽いは正義

充電器といえば、今も昔も変わらないiPhone付属の充電器は小さくて軽いを体現してますよね。
今でも出力を無視すれば割と至高の逸品だと個人的には思っていたり。

持ち運びを前提とするならできるだけ小さくて、できるだけ軽いはマスト。
それに加えて、できるだけ早く充電できることが今はより強く求められているんですよね。

そんな中で、50W以上の急速充電器で世界最小・最軽量を謳うこちらの製品はそりゃもう売れるわけです。

 

簡単な製品仕様

  • 入力: AC 100V-240V 50/60Hz 1.5A
  • 出力(最大): DC 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A, 20.3V/3A, 61W(最大)
  • サイズ: 49 x 49 x 32 mm
  • 重量: 105g±5g

もちろんPSEマークも取得されているので、安全性もしっかり検証されています。

サポートに関しても、購入から18ヶ月間は自動的についてきますし、製品登録を行えば更に12ヶ月ついてくるようになっているので、なにかあっても安心ですね。

 

開封~使用

Amazonの袋から開けてビビる

箱から出したイメージ

いや、小さいのは知ってたんですよ?
しかしながら、Matebook13付属の充電器サイズにようやく慣れ始めてきたタイミングで、この驚愕の小ささ。
そして軽い。めちゃめちゃ軽い。

こんな小さい充電器で大丈夫なのか不安になるレベル。

 

MateBook純正充電器と並べてみる

MateBook純正充電器との比較画像

横に並べてみるとこんな感じ。
高さはわずかにRAVPOWERのほうが大きいですが、縦横は完全に一回り以上小さい。
純正充電器もMacBookの充電器みたいにクソでかいわけではないので、割とコンパクトな方だとは思うのですが、コンセント部分が折りたたみできない残念仕様なんですよね。

また、重さに関しても比べみると約60gほどの差があるため、圧倒的に軽いです。

 

持ち運び用として、取り回しを考えれば端子は折りたたみが必須なので、しっかりと出し入れ可能なところもベリーグッド。
自重で抜けないように展開したあとは軽くロックされるようなので、戻す時は少し力が必要です。

 

とりあえず充電してみた

コンセントに接続すると、青色のLEDランプが点灯します。
こちらは給電開始と共に色が変わったりはしない仕様。通電確認のためだけのLEDのようですね。

 

実際に充電してみた

もちろんですがバッチリ充電されてます。
MateBookは付属の純正充電器が65W出力なので、61Wのこちらだと少しだけ足りないですが、必要十分です。

フル充電まで使ってみましたが、特に気になるようなところもなく、持っているスマホやタブレットも全て問題なく充電することができました。

 

 

まとめ

今回はずっと欲しかった急速充電器RAVPWER「PR-PC112」のご紹介でした。

元から各所で評判の良い充電器。
最大61Wの充電速度もさることながら、想像していたよりも遥かに小さく軽量で取り回しの良さにビビりました。

いまだに純正品の充電器は大きく、重いことがほとんどなので、日頃持ち歩きするようとしてあれば必ず満足のいく製品でしょう。
持ち運び用のPD対応充電器を検討している人には本当におすすめですよ。

-PC, ガジェット

© 2020 フジタノ