節約生活・ライフハック

コスパ最高普通車! プリウス(30系前期)を買ってニッコリした話

プリウス購入のアイキャッチ

みなさんは何の車乗ってますか?

僕は友人から車検2年付きで譲り受けたワゴンR。
大きなトラブルもなく、まだまだ使っていこうかと思っていたのですが、最近になって出張仕事が増えてきた……。

近場でのチョイノリだけならまだしも、3時間や4時間通しで走ったり、風の強い日にトラックに煽られながら深夜の高速道路を走るたびに、とんでもない疲れと命の危険を感じました。

そして自動車税カウントが入る4月が徐々に近づいてきたこともあり、本格的に乗り換えを考え始めました。

 

軽? それとも普通車?

僕は車にさして拘りはなく、『乗れればええやろ』を突き通してきました。
維持費を考えると圧倒的に軽自動車に軍配があがりますし……。

もちろん買うなら今風のデザインをした程度の良いものが良いですし、真剣に乗り換えを考え始める前はなんとなーく『N-BOXかタントがええなぁ』なんてぼやーっとした考えをしていました。

N-boxのイメージ

しかしながら、候補としていた車種は中古車でも高い……w
ちょっと年式を新しめで選ぼうとすると、10万キロ超えの状態でも60~100万円。
乗り出しが200万円を超える昨今のハイグレード軽自動車ですし、中古車ニーズも今や軽自動車が主戦場と聞くと、納得。

作戦の早期変更を余儀なくされたわけです。

 

まずは予算設定! 高コスパ普通車に狙いを絞る

とんでも価格の中古軽自動車市場に戸惑いながらも、まず予算から決めることにしました。

ずばり50万円。

これでまともな車が変えるのか不安になる設定金額ですが、そもそも過去にも総額35万円のフィットに乗っていたので今更かなと。
そもそも根本は命の危険を回避し、運転の疲れを軽減するためのグッズとして、乗り換えを考え始めたので。

最近の普通車は昔と違って、壊れにくいという話も聞いていましたし、50万前後で車体を探し始めました。
あ、ちなみに総額での話です。
家計は火の車なんじゃあ……w

 

コンパクトカーか2000CC以下か

コンパクトカーか2000CC以下かで悩む

まずはコンパクトカーを物色。
カーセンサーグーネットを使って、なんとなくの人気や相場観を頭に入れていきます。

元々ボックスタイプの車を思い描いていたので、タンクやルーミーに狙いを絞りますが、いかんせん登録台数は少なく予算に合わせるとやばそうなやつしか見当たらない。

燃費もそこまで良くなかったり、箱型はやはり風に煽られるとのことで、これらの車種は諦めることに。

自動車税や重量税を考えると、コンパクトカーであるフィットなどが候補に上がってきますが、すでにフィットは長い間乗ったことがあるので、そこは面白みの部分で排除。

ランニングコストを考えると、コンパクトカーがベターですが、ここは思い切って2000CCまでの車種で探すことにしました。

 

選ばれたのはトヨタでした

フィット以外のコンパクトカーで市場台数も多い車となると、トヨタ車であるアクアが候補に上がってきます。

デザインもそれなりにカッコいいし、何より燃費が素敵。
そもそも50万円という低予算でハイブリッドカーが選択肢に入ってくるとは思っていませんでしたが、意外と買えちゃうんですよね。

そしてもう一つ候補として上がってきたのが1800CCクラスである同じくトヨタのプリウス。
ハイブリッドカーといえばプリウスという、プリウスといえばプリウスミサイルという全然車に詳しくない僕でも聞いたことのある超有名車種。

おじいちゃんが乗っている車というイメージでしたが、こうしてじっくり見るとデザインもかっこよく見えてくる不思議。
アクア同様燃費も抜群に良いとのこと。

こうして僕の車選びは最終局面に入りました。

 

結果:プリウス購入

決定

長々と書いてきましたが、結論としてプリウスを購入しました。
いわゆる30プリウスの前期というやつです。

コスト優先であれば間違いなくアクアを買うべきだったのですが、試しに友人のアクアに乗せてもらうと思っていた以上に狭かったんですよね……。
昔乗っていたフィットがコンパクトカーの割に車内空間が広めだったこともあるのですが、イメージより二周りくらい狭く感じてしまいました。

もちろん一人乗りなら良いのでしょうが、奥さんといろんなところに行ったり、家族を乗せることを考えると最終的にプリウスを選んでいました。

12月の半ばから近場のプリウス中古車をリストアップし、カーセンサーやグーネットのアプリで新着通知の設定をして張り付いていました。結果、1月の頭にはほぼ予算通りで希望カラー、希望グレードで購入することができました。

 

これがワイのプリウスや!

プリウスのイメージ

車の色は極力洗車をしたくないのでシルバー1択!
本当は黒が良いですが、こまめに洗車する時間も手間もかけられないため、一番車体汚れが目立たないシルバーで今までずっと来ています。

グレードはSツーリングセレクション。
正直、最初はグレードごとの違いなんてわからなかったんですが、プリウスの場合はツーリングセレクションとついているグレードであれば、ホイールが17インチ、ついていない場合は15インチとわかりやすい違いがありました。

ちょっと大きめのホイールを履かせたかったので、元々17インチがハマっているツーリングセレクションで探しました。

走行距離は80000キロオーバーですが、前のオーナーさんがこまめに整備をしていた履歴があったことと、トヨタのアウトレット中古車ということが決定打となりました。

しかも普通の街の中古車屋ではなく、ディーラー販売の中古プリウスなんです。
ディーラー販売の中古車には保証が最長3年付けることができ、その保証の中には交換費が約20万円と言われるハイブリッドバッテリーの交換も含まれているのです。

ハイブリッドの中古車で最大の不安点がこのハイブリッドバッテリーで、通常10万キロ~20万キロで交換が必要になるとのこと。
年間2万キロ程度走行する僕にとっては、2~3年乗って20万円の追加出費は時限爆弾レベルの怖さがあったため、マックスの3年保証をつけました。あわよくば早めにバッテリーが逝ってくれることを祈ります。

 

プリウスに乗り換えた感想

めちゃくちゃ良いです。

正直プリウスミサイルなんて馬鹿にしてましたが、他の車が目に入らないくらい好きになってしまいました。
しかしながら、良いところだけでもないので、とりあえずまとめてみました。

 

良いところ

  • 燃費が良い(リッター20kmは普通に走る)
  • 超静か(ハイブリッドってすごい)
  • コクピット感のある室内(カッコいい)
  • 損耗部品が少ない(ブレーキパッド交換が10万キロレベルって怖い)
  • ネットに情報がいっぱいある(車もガジェットなのでイジれる
  • 後部座席倒すと普通に足伸ばして寝れる

悪いところ

  • カックンブレーキ(ハイブリッド特有のやつらしい)
  • 後ろがちょっと見にくい(プリウスの宿命ですか?)
  • 内装がちょっと古い印象(グレーってどうなん)
  • 思ってたよりドアが薄い(軽寄りの軽い音する)

まとめ

コスパ最強普通車はプリウスで決定!

結局の所、この一言に尽きます。
燃費も必要十分、そして静音性抜群のハイブリッドカーであるプリウス。
僕は非常に気に入って、今後潰れるまでは乗り潰す予定です。

小話ですが、営業マンあるあるで休憩時間やスキマ時間にアイドリング状態でお昼寝しても煩くないという安心感が実は一番嬉しかったり。
もちろん燃費は悪くなりますが、今まで真冬や真夏にエンジン音を気にして、結局リフレッシュができないという状態だったので、これは本当に嬉しいです。

コスパ優先かつ、実用的な車が欲しいという人は是非プリウスを候補に入れてみてください。
結構幸せになりますよ!

 

-節約生活・ライフハック

© 2021 フジタノ