PC ガジェット

【レビュー】声を聞くためのスピーカー Amazonベーシック ダイナミックサウンドスピーカー V620が手頃で使いやすい!

メーカーロゴ

スピーカー選びって大変ですよね。

人によって用途が違う、設置スペースが違う、求めている音域が違う。

今回は僕はPC向けの安くて設置が楽でそこそこの音がするスピーカーを探しておりました。
というのも先日購入し、今年の買ってよかったものランキング1位間違い無しの「LG ウルトラワイドモニター」にはスピーカーが搭載されていませんでした。

関連記事
【レビュー】LG 34WL500-B ウルトラワイドモニター購入で劇的に作業効率アップしたのでおすすめレビュー

最近動画編集を始めたため、24インチのモニターや13インチのノートPCでは作業効率が悪く、デュアルディスプレイの導入を考えていました。 元々はデュアルディスプレイ民だったのですが、仕事に忙殺されるうち ...

続きを見る

スピーカー内蔵モニターはサイズや重量がアップしてしまうのと、スピーカー部が故障してしまうと非常に残念な気持ちになってしまうんですよね。過去にまさにその経験をしてから、スピーカーレスのモニターを選ぶのが正義となった僕です。

そんな僕が今まで使っていたのは、「Anker Soundcore」というスマホ向けBluetoothスピーカーです。
しかもこれをAUX端子を使って、有線で使っていました。
Bluetoothとはなんだったのか(笑)

さすがにちょっとはまともなPC用スピーカーを買わねばなぁと思いつつ、数年が経過していました。
とはいえ、動画制作などでちょっとはまともなスピーカーが必要になったこともあり、そろそろ買おうじゃないかと。

ということで、今回購入したのは「Amazonベーシック ダイナミックサウンドスピーカー V620」です。

開封

化粧箱

化粧箱

化粧箱はこんな感じ。
Amazonベーシックらしい、素のダンボールパッケージにラベルがぺたり。

中身

オープン

中身も至って簡素です。
緩衝材に挟まれたスピーカー本体と、ユーザーガイド。

ビニール

スピーカー本体を引っ張り出し、早速剥いていきます。
セロハンテープは剥がしやすいように端っこが折りこまれておりました。
こういう小さい心遣いは嬉しいですね。

本体

スピーカー本体。
シンプルなステレオスピーカーで、有線型のためケーブルで繋がれています。
色はシルバーとブラックがありますが、今回は納期の関係でシルバーにしました。

メーカーロゴ

賛否あるとは思いますが、スピーカー上面にはAmazonベーシックのロゴ。
イッツ・ア・シンプル。

底面

スピーカー底面はウレタン素材でしょうか。
軽い滑り止めと、床との接地に隙間ができないように柔らかめの素材です。

端子類

端子類は給電用のUSB-Aと入力用の3.5mステレオ(AUX)端子。

音量調節

ケーブルの途中にはアナログなボリューム調整ノブがついています。
そうそう、こういうのでいいんだよ。

実際に使ってみる

接続

さっそくデスクトップPCと接続して、使ってみます。

PC電源と連動したいので、USBはPCにそのまま接続。
出力はモニター側から取ります。

設置

電源ボタンはなしのため、接続と同時に電源が入ります。

LED

本体下部にはLEDがついており、電源供給されている間は光ります。
オフにはできません。

音質

PCでYou Tubeなどを流して音質チェック。

「おお、なかなかええ音」

純粋に聞きやすい音質です。
低音はカスカスで中高音はしっかり出るスピーカーです。

つまり、人の話声やボーカルがしっかり聞きやすい音。

今回の購入時のポイントだった、低音抑えめで声が聞き取りやすいスピーカーの条件にばっちり当てはまりました。

良いところ、悪いところ

良いところ

  • 激安(通常1900円ほどでセール時は1600円ほど)
  • 設置が楽(ケーブル2本つなぐだけ)
  • シンプルデザイン
  • 声が聞き取りやすい

悪いところ

  • 見た目は安っぽい
  • 低音はカスカス
  • USBのみでの入力は不可
  • ケーブルの元は左側のスピーカーについているため、PC右配置の場合配線が汚く見える
  • LEDがオフにできない

まとめ

声を聞くためのスピーカー

低音がカスカスのため、音楽を聞くと物足りなさを感じます。
ただ、僕のようにマンション住まいで深夜の作業時に音が響くの気になるという人にはすごくおすすめできます。

僕は音楽をやっていた反動なのか、イヤホンやヘッドフォンが好きではないので、作業時はかならずスピーカーです。
イヤホンやヘッドフォンは耳が痛くなりますし、耳自体も悪くなるので極力使いたくない。

しかし、一般的なスピーカーでは「重低音」がしっかり出ますよ、というような謳い文句のものが多く、そういったスピーカーで作業をしてしまうとイコライザーで細かい設定をしなければ、深夜での利用はかなり難しい。

動画などは声がメインで、BGMや効果音はサブです。
しっかりと声さえ聞こえれば、問題なし。

そのため、今回の「Amazonベーシック ダイナミックサウンドスピーカー V620」はイコライザーを使わずとも、声にフォーカスした音になっているため、非常に楽です。

値段もさることながら、僕のような声を聞くためのスピーカーを求めている人にはすごくおすすめです!

おすすめ記事

1

ふじた 管理人ふじたです。ツイッター(@fujita7771)もやってます。 バック・トゥ・ザ・フューチャーのように空を車が飛び回る2020年は来ませんでしたが、それでも世界は廻ってる。日々、僕たちの ...

2

2020年、Amazonで注文した商品は、75件でした! 大体5日に1回はAmazonで何かしらを買っている計算ですね。 うーむ、恐ろしいw というわけで、2020年も残り僅か。 ガジェット大好きおじ ...

3

最近動画編集を始めたため、24インチのモニターや13インチのノートPCでは作業効率が悪く、デュアルディスプレイの導入を考えていました。 元々はデュアルディスプレイ民だったのですが、仕事に忙殺されるうち ...

4

ブログ執筆に、動画編集、仕事用の資料作成。長時間のデスクワークに体を蝕まれていた僕ですが、最近立て続けに購入したアイテムたちによって少しずつ疲労が軽減されてきました。 そんな僕が虎視眈々と狙っていた製 ...

5

みなさんはマルチミュージックルームってご存知ですか? 実はこの機能こそがAmazon Echoの真骨頂なんですよ。 今回はスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズの、ちょっと変わった使い方 ...

-PC, ガジェット